子供の虫歯のことなら子供歯科.com

キッズデンタル メインページ

子供の虫歯治療の特徴

子供の虫歯治療の特徴

診療風景虫歯の治療は、どなたでも怖いものです。とくに3歳以下のお子さまが、通常の治療方法で、虫歯治療の必要性を理解し、恐怖心を克服してお口を開けていることはほとんど不可能です。
また、小学生くらいまではるべく子どもが怖がらないような、特別な配慮が必要です。例えば、歯科医師やスタッフの子どもとの接し方から、歯科特有の音やにおいの遮断、白衣や器具なども子どもの目に留まらないように扱うなど細かな配慮を積み重ねる必要があります。
しかし、本来の小児歯科学の観点では、お子さまが低年齢であったり、「怖がるから」や「泣くから」ということで「治療をしなくてもいい」ということはありません。子どもが低年齢(3歳以下)であったり、緊急性の高い虫歯治療の可能性がある場合は、子どもが嫌がったり、泣いたりしても治療が必要な場合があります。そのような場合は、子どもの安全を確保しつつ、確実に治療する高度な診療体制と技術が必要です。

◎さらに詳細は、キッズデンタルメインHPへ
>>キッズデンタルでの診療について

アフターケアの大切さ

すべての乳歯は通常、5歳半くらいから10歳くらいまでの間に永久歯に生え変わります。とくに大きな虫歯を治療した乳歯はうまく根が吸収できず、永久歯が正しい位置に生えない場合は、早めに乳歯を抜歯するなどして永久歯の正しい生え変わりを促す必要があります。このようなことから、虫歯治療などが終わった後も3〜4カ月おきの定期健診(アフターケア)が大変重要です。

詳しくは、虫歯予防.comへ

Copyright(C)KID's DENTAL. All rights reserved